債務整理の一種の自己破産のメリットとデメリット

by:

交通事故士業慰謝料

多額の借金を抱えてしまったときには、どのように解決すればよいのか途方にくれることがあるかもしれません。どうしても返済不能な状態になってしまったときは、債務整理による自己破産を行うことで借金そのものを帳消しにすることができます。自己破産は多額の借金があるために債務者が返済不能になって、経済的な破たんをきたしているときに、弁済することが不可能と判断できるときに行われる債務整理の方法となります。自己破産をすることによって、生活必需品を除いたすべての財産を売却することで、債権者に分配しなければなりません。

その代わりに借金の全ての部分において、返済義務から免れることができるので、自己破産の手続きを成立させることによって借金をゼロにできます。自己破産には財産を没収される以外にもいくつかのデメリットがあって、法律家や警備員などの資格は一定期間の制限を受けるので職業に就くことができなくなります。債務整理の中でも任意整理や個人再生であれば住宅ローンを残すことが可能ですが、自己破産では住宅ローンを残すことができないので、住宅を手放す必要があります。自己破産を行うことで信用情報機関に10年間ほど登録されることになるために、10年を経過するまでは新規の借り入れやクレジットカードを作成することができなくなります。

ただし、勘違いが多いケースとして戸籍に登録されることや、勤務先に債務整理を行ったことが知られることによって解雇されることはありません。破産をしたことによって記載されるのは戸籍などではなく、破産者名簿と官報のみとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です