債務整理の任意整理を弁護士に依頼した時にかかる費用

by:

交通事故士業広島

借金の借入先として多い金融業者は、消費者金融業者となります。消費者金融ではキャッシングなどのサービスを行っていて、来店不要で借り入れができるものや、インターネットを使うことで24時間いつでも借り入れができるなどのサービスが行われています。借り入れのしやすさもあって、借金を抱えている人が増加している傾向にありますが、これらの消費者金融をはじめとした金融業者からの借金については債務整理の一種である任意整理を行うことで、解決できる可能性があります。任意整理は債務整理と言っても自己破産とは違って、保有している大半の財産を失うリスクを背負う必要なく、借金の減額や利息を帳消しにしてもらうなどの交渉を行う手続きとなります。

任意整理は弁護士や司法書士に相談をして行う債務整理の方法となりますので、依頼をするためには費用がかかります。費用としては着手金というものがあって、借り入れをしている債権者ごとに1社につき4万円程度、手続きが完了したときに支払う成功報酬も必要になってきます。和解の交渉をして成立したときには、借金額の減額に対する減らした金額分の10%ほどを減額報酬として支払います。和解をした後における返済金の送金手数料や訴訟をした場合には訴訟費用、交通費や通信費などについても支払いが必要になります。

債務整理の手続きを行いたいと考える人は、金銭面においてトラブルに陥っていることから資金的に苦しい人が多いと言えますので、弁護士に債務整理の依頼をするときに支払う必要になる費用について、分割払いで支払いができる法律事務所を選択することも大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です