債務整理は勤務先に知られずに行えます

by:

士業相続遺産

貸金業者などからの借金がかさんでしまったときに、最も安全に解決できる方法は債務整理になります。借金問題に苦しんでいるときの救済手段として、債務整理のことを把握している人もいると思いますが、債務整理を行うことによって様々な問題が起きないか不安に感じている人もいるでしょう。債務整理を行うときには、勤務先に知られることによって会社を解雇されるのではないかという不安を持つ人もいますが、手続きを行ったとしても解雇されることはありません。また、勤務先に債務整理の手続きを行っていることを知られたくないときには、任意整理を選択することがおすすめです。

任意整理であれば、貸金業者と依頼を行った弁護士との間で交渉をしてもらえる手続きになりますので、他人に知られる心配をすることなく借金の整理ができます。任意整理の依頼を弁護士に行うことで、弁護士が貸金業者に受任通知を発送しますので、それによって取り立てや督促を止めることが可能となり、給料が差し押さえられることも防げます。自己破産をするときには、裁判所を経由する手続きとなるために官報に掲載されることを考えておく必要があります。ただし、官報は国の機関誌ですので、一般の人が日常的に見ている可能性は低いと言えますので、会社の同僚や上司に知られることは少ないと考えられます。

自己破産の手続きを行ったときのデメリットとして、資格制限というものがあります。法律業務の職業に就いている人や警備員などは、一定期間において資格を停止されますので、その点について把握してから手続きを行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です