債務整理の中でも任意整理について

by:

士業弁護士相続

債務整理と言うと、個人再生や自己破産など裁判所で行う物を想像される方が多いかと思いますが、世の中で最も多い債務整理というのは任意整理とよばれる契約者無いで行われる物です。任意整理というのは、言ってしまえば貸付の契約見直しを行うという物で、個人でも行う事は可能なのですが法律上の知識や交渉の相場などを知っている必要があるので、大抵の場合は弁護士を挟むのが一般的です。具体的にどのような事が行われるのかというのは、一口には言えないというよりも多種多様というべきで、解決策としては「利息を停止して総額を分割払いする」という物や「利息を減額して返済を可能にしてもらう」という物、近親者の援助を受けられる場合は「一括返済するので利息を減額して貰う」という解決策など様々な方法が取られます。これらは契約者の状況や貸付側の考え方などによって変化する物であり、特定の決められた解決方法という物はありません。

任意整理は債務整理の中では最も減額が少ない物なのですが、契約の見直しという個人間のやり取りなので裁判所を挟む必要が無く、自己破産の際に行われる差し押さなども有りませんし官報に名前が載る事も有りません。ただし任意整理という形で信用情報には残るので、今後のローン契約などに影響がでる可能性はあります。手間が掛かる割に効果が少ないという事で滅多に行われることは有りませんが、この任意整理の話し合いが解決しなかった場合簡易裁判所の調停という形で決着をつける事があり、これを特定調停と呼びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です