債務整理は専門家に頼まなくてもできます

by:

債務整理士業弁護士

債務整理は法律の専門家に依頼してこそできるものだと思われがちですが、実は借金を抱えている本人のみでも実行することができます。自分ですべての手続きを行う必要があるのが大変ですが、一番費用が掛からない方法です。法律や裁判のことをよく知っている人なら、費用を節約できるため利用する価値があるでしょう。自分の力で債務整理を行うには、債権者と交渉をして返済を元本だけにしたり、払いすぎていた利息を元本から引いて、返済額を減らすというやり方があります。

交渉が上手な人であればこの方法で解決できる可能性はあるものの、司法に助けを求めた方がすっきりと問題解決できるでしょう。債務整理に関わる裁判所へ申立をし、裁判所と債権者、債務者の間で、借金問題をどのように解決するか、話し合いをします。裁判の結果、債権者と債務者で和解が成立すると、3年くらいの年月をかけて、減額された借金の返済を行います。この間に返済ができないと、債権者側から減額を取り消される恐れがありますので、必ず従いましょう。

当然ながら、一定間隔で返済できるほどの収入があることも大切です。これは収入が多いほど有利になりますが、たとえ多くても返済に回せないのでは意味がありません。収入が少なくても、きちんと毎月のように決められた金額を支払える人の方が、債権者側に信頼されますし、後でトラブルになる可能性も極めて低くなります。自分一人で債権者と交渉をしたり、裁判をするのが難しいのであれば、無理せず専門家へ依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です