債務整理を依頼したときの弁護士費用について

by:

債務整理士業広島

様々な理由によって多額の借金を抱えたときには、弁護士や司法書士に代理人としての依頼をすることで法的に借金問題を解決できる可能性があります。法的な手続きによって借金問題を解決する方法としては、債務整理があるわけですが、弁護士などの専門家に依頼を行うときには費用がどれぐらいかかるものか気になるポイントだと言えます。法律事務所に債務整理の依頼をするときには、弁護士事務所ごとに必要な費用の設定は異なってきますし、債務整理といっても1つの手続きではなくていくつかの種類があるものですので、どの手続きを行うかによってもかかる費用は変わります。弁護士が所属している法律事務所などでは無料相談のサービスを実施しているところも増えていますので、無料相談であれば初めて債務整理の相談をしたいと考えている人であっても相談しやすいと言えます。

弁護士に依頼をするときには、一般的に着手金と成功報酬に分類して支払うことになります。債務整理の手続きを開始するときには、債務者が借り入れを行っている貸金業者などに取り立てや督促を止めるように連絡をしてもらえます。将来発生する利息分を減額したり、払いすぎている利息分があるときにはそれを返還するための手続きを行って、取り戻した金額があるときなどは成功報酬を支払うことになります。代表的な手続きには自己破産がありますが、自己破産を行うときには平均的に30万円ほどの費用がかかって、さらに裁判費用も追加で必要になります。

切手代や通信費なども必要になってきますので、弁護士費用の他にも数万円かかるものと考えておいたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です