熱交換器は高温の流体から低温の流体に熱を伝える装置で、プレート式や多管式など様々なタイプがあります。この装置は流体として水を使うため、カルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって内壁に付着します。スケールを放置すると故障や性能低下の原因になりので、定期的に適切な方法で熱交換器メンテナンスを行う必要があります。定期的な熱交換器メンテナンスによってケールを取り除けば、故障や性能低下を防いで安定した生産活動を行うことができます。

熱交換器メンテナンスの代表的な方法には強酸性の洗浄液や赤錆剥離・除去電磁気装置、ろ過器や軟水器などがあります。塩酸など強酸性の洗浄液は劇物に該当するため危険性が高く金属を腐食させる性質がありますが、素早くスケールを溶かすことができます。厚く蓄積したスケールを短時間で取り除きたい場合には、即効性が優れている強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。市販の洗浄液には強酸性でありながら安全性が優れていて、人体や環境に優しいものも存在します。

赤錆剥離・除去電磁気装置は強酸性の洗浄液のように即効性はないものの、効果の継続性が優れていて危険な薬品を使わないため安全です。強酸性の洗浄液を使う場合は設備を止めて洗浄作業を行いますが、この装置は稼働させたまま装着できます。ランニングコストが安くてメンテナンスが必要なく、赤錆も取り除いてくれるというメリットもあります。ろ過器や軟水器は導入と維持にコストがかかるものの、無機塩類を除去してスケールの発生を止めることができます。

資金に余裕がありスケールの発生を止めて安定した生産活動を行いたい場合には、これらの装置を導入するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です