熱交換器メンテナンスを効率的に行うため、多くの企業が塩酸など強酸性の洗浄液を使用しています。スケールの原因であるカルシウムやシリカなどの無機塩類は、酸性に弱いという特徴があります。強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことができますが、危険性も高いので注意が必要です。塩酸など強酸性の洗浄液は金属を腐食させる性質があるので、正しい濃度を守るだけでなく最後に水酸化ナトリウムなどで中和処理を行います。

より安全な方法で熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば赤錆剥離・除去電磁気装置やろ過器、軟水器を使うよいでしょう。これらの装置は安全性が優れており、安心して熱交換器メンテナンスに使うことができます。赤錆剥離・除去電磁気装置は、効果の継続性が優れていてランニングコストが安いというメリットがあります。この装置は危険な薬品を一切使用せず、設備を稼働させたまま装着できるので生産ラインへの影響もありません。

強酸性の洗浄液を使う場合のように設備を止めなくても、熱交換器メンテナンスを行うことが可能です。スケールだけでなく赤錆を一緒に除去したい場合も、この装置を導入するとよいでしょう。ろ過器や軟水器は導入と維持に多額のコストが必要ですが、無機塩類を除去してスケールの発生を止めることができます。これらの装置も危険な薬品を使わないため安全性が優れており、設備を稼働させたままスケールを除去します。

資金に余裕がありスケールの発生を止めて洗浄作業を行う手間を省きたい場合に最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です