熱交換器メンテナンスを行えば、スケールの蓄積を防いで故障や性能低下などのトラブルを避けることができます。水中にはカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類が含まれています。何度も水が蒸発を繰り返すと無機塩類が急速に濃縮し、硬くて水に溶けにくいスケールとなって内壁に付着します。スケールを人力で削り落とすのは困難ですが、強酸性の洗浄液を使えば簡単に溶かすことができます。

多くの企業が厚く蓄積したスケールを素早く取り除くため、塩酸など強酸性の洗浄液を使用しています。強酸性の洗浄液は洗浄力が優れているものの、基本的に劇物なので慎重に扱わなければなりません。作業は設備を止めゴム手袋やマスク、ゴーグルなど保護具を着用して行います。強酸性の洗浄液は金属に対する腐食性があるので、正しい濃度を守るだけでなく最後に水酸化ナトリウムなどで中和処理を行います。

設備を止めると生産ラインに影響を及ぼすため、計画的に作業を行わなければなりません。設備を止めずに熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。この装置は設備を稼働させたまま装着可能で、メンテナンスをしなくても性能を維持できます。強酸性の洗浄液のように即効性はありませんが、効果の継続性が優れているので長期的なスケール対策に役立ちます。

スケールだけでなく赤錆を一緒に取り除きたい場合にも最適です。資金に余裕がある場合にはろ過器や軟水器を熱交換器メンテナンスに使うとよいでしょう。これらの装置は導入と維持にコストがかかりますが、無機塩類を取り除いてスケールの発生を防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です