熱交換器メンテナンスを早期に行えば、スケールが詰まってトラブルが起きるのを未然に防ぐことができます。急に故障や性能低下が起きて生産活動が滞ると、納期までに製品を納品できず顧客の信頼を失う可能性があります。顧客の信頼を得て円滑な営業活動を行うためにも、定期的に熱交換器メンテナンスを行うことが重要です。熱交換器メンテナンスの方法には様々なものがありますが、厚く蓄積したスケールを素早く取り除きたい場合には強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。

水中にはカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類が含まれており何度も蒸発を繰り返すと急速に濃縮されます。無機塩類がスケールとなって熱交換器の内壁に付着すると、硬くて水に溶けにくいため削り落とすのが困難です。スケールは酸性に弱いので、塩酸など強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。強酸性の洗浄液は優れた洗浄力を備えていますが、基本的に劇物であり金属を腐食させる性質があります。

効率的にスケールを除去したいのであれば、安全性を兼ね備えたタイプを使うのがおすすめです。安全性と洗浄力を両立したタイプの洗浄液は短時間でスケールを溶かすことができますが、人体や環境に優しいという特徴があります。一般的な洗浄液と比べると約5倍も早く作業を完了させることができ、素手で触れても問題ありません。金属の腐食性は約4分の1であり、水酸化ナトリウムなどによる中和処理も不要です。

生分解性を備えていて環境を汚染する心配もないので、安心して熱交換器メンテナンスに使用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です