水中にはカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類が含まれており何度も蒸発を繰り返すと急速に濃縮されます。熱交換器など流体として水を通す装置では、内部で無機塩類が濃縮され硬くて水に溶けにくいスケールとなります。内壁に付着したスケールは故障や性能低下などトラブルの原因になるので、定期的な熱交換器メンテナンスによって取り除かなければなりません。スケールを金属製の工具などで削り落とすのは困難ですが、強酸性の洗浄液などを使えば効率的に溶かすことができます。

多くの企業が塩酸など強酸性の洗浄液を使い熱交換器メンテナンスを行っています。無機塩類は酸性に弱いため洗浄液を使えば素早く溶かすことができますが、基本的に劇物に該当し金属を腐食させるので注意しなければなりません。強酸性の洗浄液を使う場合には設備を停止して作業を必要があり、生産活動への影響を抑えるには事前にしっかりと計画を立てることも大切です。市販の洗浄液には強酸性で優れた洗浄力を備えていますが、劇物には該当せず金属の腐食性が弱いタイプも存在します。

このタイプは人体や環境に優しいので、熱交換器メンテナンスに気兼ねなく使うことができます。一般的な洗浄液と比べると金属の腐食性は約4分の1であり、水酸化ナトリウムなどによる中和処理も不要です。設備を停止して作業を行う必要がありますが、一般的な洗浄液と比べると約5倍の早さで完了させることができます。生産活動への影響を抑えて効率的な熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば、このタイプの洗浄液を使うとよいでしょう。

熱交換器メンテナンスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です