プレート式熱交換器は熱効率に優れることで知られます。その主な理由は、乱流促進構造にあります。これはプレートにヘリンボーンパータンのような波形状の模様を施すことで、意図的にプレート上の流体を乱し、熱量を均一化する仕組み。その結果、熱交換の妨げになる膜の生成も抑止し、安定した熱量をコンスタントに供給し続けることが可能になるからです。

またプレート式は部品や可動部が少ないため、故障も発生しにくく、メンテナンスもしやすい点も、見逃すことのできない大きな特徴。特に前述した乱流促進構造には自己洗浄機能もあるのため、様々なトラブルを引き起こす要因になるスケールが付着しにくいことは、プレート式ならではの強みと言えるでしょう。とはいえ、このような優れたプレート式熱交換器といっても、長期にわたり稼働し続ければ経年劣化を避けることはできませんし、普段からハードに稼働している現場であれば、なおさら故障の発生率も高まりやすくなります。したがって普段から熱交換器メンテナンスを徹底しなければなりません。

もし熱交換器メンテナンスを怠れば、スケールの堆積を適切に除去できないばかりか、故障や異常の発見が遅れて、生産効率の低下や周囲の機器類へのダメージ、さらには現場全体が操業停止になるど、深刻な事態を招くことにもなりかねません。このようなリスクを避けるためにも、日頃から熱交換器メンテナンスを徹底することが重要になります。また専門メーカーとメンテナンス契約を結んで、万が一の際にはスピーディーに対応できる体制を整えておくのも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です