プレート式熱交換器といえば、プレートにヘリンボーンパータンを施した乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みによって、優れた熱交換率を発揮することで知られます。また流体を意図的に乱す構造なので、様々なトラブルの原因になるスケールが発生しにくく故障も少ない、自己洗浄機能を持っていることも、忘れてはならないでしょう。このような画期的な製品を開発したのが、大阪に拠点を構えるこちらの産業機械製造販売業の会社です。特にプレート式熱交換器では業界でもパイオニア的存在であり、この分野ではリーディングカンパニーとして有名。

その他にもセミ溶接や凝縮器あるいは全溶接など、優れた機能性を持ち合わせた汎用性のある製品を次々と誕生させています。もちろん製品のアフターサービスも充実します。プレート式熱交換器メンテナンスでは、独自のパックコースを用意しており、点検からメンテナンスまでトータルな対応が可能です。仮に熱交換器に急なトラブルが発生しても、設計ノウハウまで熟知したエンジニアが担当するので安心。

的確かつスピーディーに熱交換器メンテナンスし、新品同様の仕上がりでお客様のもとへ引き渡すことが期待できます。優れた機能や構造を持つプレート式熱交換器といっても、長年にわたり稼働していれば、やはり経年劣化は避けられません。またハードに稼働している現場では、その分だけ故障の発生率も高まります。普段から定期的な点検を徹底した上で、専門メーカーと熱交換器メンテナンス契約を結ぶなどして、万が一のトラブルに備えることが求められます。

熱交換器メンテナンスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です